TOP > 太陽薬局ブログ > 「薬物乱用防止教室」の講演を行いました・・・
薬剤師地域活動・健康フェア・学校薬剤師
2019/09/02

「薬物乱用防止教室」の講演を行いました・・・

管理者用
太陽薬局ブログ

薬剤師は薬局業務だけでなく、地域保健,公衆衛生活動に貢献することが求められています。

そういった概念のもと、小学校・中学校・高校において、子供たちが安心して安全に学校生活を過ごせるために「学校薬剤師」として『薬物乱用防止教育,水道水やプールの水質検査,教室での空気・照度・騒音検査』などの活動を行っています。
今回は、南区の東花畑小学校6年生に「薬物乱用防止教室」の講演を行いました。 

薬局薬物乱用研修福岡 薬局薬物乱用研修福岡 薬局薬物乱用研修福岡

薬物乱用が決して縁のないものと感じてもらうために、最近の薬物乱用(覚せい剤や大麻,危険ドラックなど)のニュース・新聞記事を紹介しました。

①危険ドラックについて

②シンナーについて

シンナーの特徴を紹介して「からだの油が溶ける」⇒「脳・肺・肝臓・腎臓・生殖機能・視力などに甚大な影響が出ること」「強い麻酔作用⇒酸欠・呼吸麻痺による急性中毒」などについて理解してもらいました。

薬局薬物乱用研修福岡 薬局薬物乱用研修福岡 薬局薬物乱用研修福岡

シンナーの状態(液体、気体など)や色(透明,白など)やシンナーにカップラーメンを入れると麺,カップが溶ける?など実験クイズを行いました。

質問タイムでは、みなさん積極的に手を挙げて多くの質問をいただきました・・・🙋

〇友達が薬物乱用していたらどうしたらいいの? 誘われたらどうしたらいいの? どの薬物が一番危険なの? どうして薬物乱用はなくならないの?・・・

最後に、薬物乱用防止パンフレットを一緒に読み合わせして「1度使用するだけで薬物乱用になり止められなくなるので、薬物乱用の甘い誘いはキッパリと断ること,薬物乱用についてご家庭でも話し合うこと。」など約束しました・・・

参加型で行うことで、皆さんよりどんどん意見がでて興味深く勉強していただいたと思います・・・ 今後も子どもたちの薬物乱用防止に努め、地域の公衆衛生に薬剤師として少しでも貢献できたらと考えております・・・