TOP > 太陽薬局ブログ > 在宅医療・介護連携のための多職種連携研修会 に参加しました・・・
2020/02/18

在宅医療・介護連携のための多職種連携研修会 に参加しました・・・

太陽薬局 中島崇之
太陽薬局ブログ

本年初雪が舞う寒い中、在宅医療・介護連携のための多職種連携研修会が行われました。

南区の医療・介護職の各団体(医師会,歯科医師会,薬剤師会,訪問看護ステーション連絡協議会,介護支援専門員協会,ソーシャルワーカー連絡協議会,理学療法士会,栄養士会,南区保健福祉センター,地域包括支援センター)の代表の方が数名ずつ,計107名が参加しました。 南区薬剤師会専務として中島崇之(社長)が参加・・・

日時:2月17日(月)19時〜

◯場所:福岡赤十字病院
 
厚生労働省より「認知症の人の日常生活•社会生活における意思決定支援ガイドライン」は、平成30年6月に策定されましたが、その策定委員会中心の稲葉一人先生にご講演いただきました。
◯講演:認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドラインについて
    中京大学 法務総合教育研修機構 教授 稲葉一人 先生

健康フェア 薬局 健康フェア 薬局 健康フェア 薬局

その後 多職種各々の立場より、認知症の方本人の意思を尊重すること,家族や意思決定支援チームの在り方などについてディスカッション行いました。 

 健康フェア 薬局 健康フェア 薬局

在宅医療においては、地域での多職種連携「地域包括ケアシステム」の構築が求められており、薬局・薬剤師もその一端として重要な役割を担っております・・・