TOP > 太陽薬局ブログ > 野多目公民館(福岡市南区)にて、おくすり講座の講演を行いました・・・☺
研修会
2019/01/25

野多目公民館(福岡市南区)にて、おくすり講座の講演を行いました・・・☺

管理者用
太陽薬局ブログ
野多目公民館 講演 知って得する話「お薬のいろいろ」
〇日時:平成31年1月25日(金)13:30~15:00
〇場所:野多目公民館
〇参加者:21名
〇講座内容: 知って得する話「お薬のいろいろ」

★野多目公民館よりお薬講座講演依頼がありましたので、同校区に関りがある2名(校区内薬局,校区内居住)が講演を行いました。

飲酒ゴーグル体験~ アルコールの薬理作用~ 講師:久本晋平(のため薬局 管理薬剤師)

アルコールの薬理作用などについてスライド説明の後に、数人の方に「飲酒ゴーグル体験」をしてもらいました。視野が狭くなりフラフラとして歩きにくいなど皆さん笑顔でした。

 
②かかりつけ薬剤師って? ~地域の皆さまのための薬局~ 講師:中島崇之(太陽薬局 代表取締役社長)
当公民館では薬剤師の講座は初めてのことで、薬局や処方せん,薬剤師って・・・?などクイズ形式でお尋ねしながら参加型で行いました・・・
・団塊の世代が75歳を超え5人に1人が後期高齢者という超高齢化社会を迎える2025年問題が目前に迫っており、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築が急務となっています。
・「地域包括ケアシステム」における「かかりつけ薬局・薬剤師」の役割について、「お薬手帳」「医師との連携」「ジェネリック医薬品」「在宅訪問」など事例を交えながらお話ししました。

☆講演後、多数ご質問(かかりつけ薬剤師はどうやって? 薬局によって負担金に差が? 抗生剤の耐性? 飲酒後、睡眠薬は?•••など)をいただき、盛況に終えることができました。
今後も地域における薬局・薬剤師が公民館やケア会議などに積極的に出向いて、薬剤師としての役割を果たすべきと感じました。